切り取った日常(灰)
簡単な日常の出来事や、RO日記、メガテン日記、コンシューマ日記、ゲームレビュー、SSなどを主目的としたブログです。なお、ブログにて使用されるゲームの画像についてはROはGravity,GanghoにIMAGINEはATLAS,CAVEにその他ゲームは各々の製作会社の著作権となります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネコシンクロス
2007年06月13日 (水) 14:56 | 編集
何か書こうと思いました。

思いつかねぇ・・・・。


あ、そうだ・・



「今日も良い天気だニャー」

ジャジャジャッジャジャン♪ポン
ジャジャジャッジャジャン♪カン
チャチャチャチャチャッチャチャ~チャチャチャチャッチャ~♪

お魚くわえた葉猫をおおかけ~て~♪
カートを♪引きずる♪必死な商人さん♪
みんなで追っかける~♪
ウータンに追っかけられる~♪
ル~ルルルッル~♪
今日~も良い天気~♪


っは・・・

何か電波が飛びました・・・

気を取り直していってみよう


おいらはリーフキャット
しがないモンスターさ
最近巷じゃぁ、人気者だ・・・
なんせ、JOBがうまいからな!
だがまぁ、人間どもにやられるのはトロい奴らだ
何故かってぇ?
そりゃ、モチロンはぐれてるからさw
俺のように、手下を何匹もつれてりゃ
体力がやばくなったら周囲から回復されるって寸法だ
用心棒のウータン先生も居るしな
ビートルって虫も勝手に沸いて足止めをしてくれる
逃げようと思えばいくらでも逃げられる
むしろ、隙を見せれば
逆にこっちが人間を狩ってやるよ!

そうやってうまく世の中渡り歩いてた俺だが・・・
そんな俺が、あるきっかけで強くなった話をするぜ

まず、いきさつから話すが
俺達の縄張りは遺跡周辺と遺跡内部の1Fだ
基本的に行き来することは無いが、俺は気にすることなく自由に移動してる
ある日、遺跡内部を散歩してたんだ・・・
そしたら、壁と塀の間に小さな穴があった
覗いてみたら、どうも下の階とつながってるみたいだった
今まで一度も2Fには行ったことが無かったし、俺の知らない場所がここにあるってのも癪だったから、その穴に飛び込んだのよ

ちょっと着地に失敗して、軽く気を失っちまった
なんか、ガシャガシャうるさい音で目が覚めたら鎧着たヤクザが青龍刀もってたってやがった・・・
一瞬、昔踏み倒して逃げた借金を取り返しにきたかと思ってあせったぜ・・・
だが、よく見りゃあこいつもmobだってことがわかった
まったく、俺の毛が生えたハートが縮こまったぜ・・・


とにかく、この階のことを見て回った
なんやら得体の知れない祭壇が沢山あるとこだったが、とりあえず害はなさそうだし興味も無いから無視だ
知ってる顔は居ないもんだと思ってたが、クラベンの兄貴にあったぜw
相変わらず、しゃべらずにシンバルで話そうとするから耳がおかしくなるかと思ったぜ・・・

あらかた散歩も終わって、そろそろ戻ろうかと思ってたんだが・・・
不意に騒がしくなった
騒がしいほうに行ってみたらアイテムが落ちてやがる・・・
あれはやばい・・・明らかに人間がきてる
しかも、いつも会うようなのじゃなく、とても強いのが・・・
だが・・・
悲しいかな
ルートモンスターの性さ・・・
アイテムが目に入っちまったらとりに行かずにはいられねぇ・・・
むしろ、もうアイテムに向かってまっしぐらに進んでやがる・・・
アイテムを拾い上げて、やっと体が自由になったぜ・・・
でも・・・
人間に気づかれちまった・・・・
少し不思議な顔しながら、獰猛に笑った口元が俺の終わりを感じたぜ・・・
もう、どうにもならねぇと腹ぁくくったときだ
後ろから高速でバナナが飛んできてそいつに当たった。
そいつは血相変えて逃げようとしたが、クラベンの兄貴達がそいつを囲んでぼこぼこにしちまった

俺は、まず兄貴達に礼を言った
そしたら
「礼なら姫に言ってやってくれ」

シンバルで返された
姫?
と後ろを振り返ると、でかいヤシの木がたってた

このヤシが姫??
と思ったら木の影に女の子が

あの子を見た瞬間、運命を感じたぜ

さしもの俺も緊張してしどろもどろになりながら礼を言った
そしたら、彼女はコクンとうなずいて
兄貴達とともに光の中に消えてった

あとで彼女がこの遺跡の主だってことを知ったよ
そこからさ
俺が強くなろうと思ったのは・・・
彼女を守れるほどに強く


それから、旅に出た
ひたすら自分を鍛えた・・・
鍛えて鍛えて・・・
エドガに一目置かれるほどの猫になった

そして、故郷に舞い戻った
ネコシンクロスとして

そしてこれからだ
この花束を手に、彼女に愛を語る
それじゃあ、そろそろ行くぜ
またな・・・



以来、この猫は姿を消す
しかし、時折人間の噂でアユD3にネコシンクロスという葉猫が取り巻きのなかにいるなんて噂が立ったりした・・・

Fin



言うわけで第2回SSが終了しました。
まぁ、今回も
ぶっつけで思いつくまま話を作りました。
脳内構成垂れ流しです。
いあー、なんか葉猫をハードボイルドにしようとしてたんだが・・・
途中から、チンピラっぽいしゃべりに・・・
なんともいえんね・・・
さすが即席
まぁ、その辺も含めて楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
転生・・・っ
ソニックブローを使えるワイルドローズに対抗して、なんでしょうか・・・w
もしまたレディタニーに挑戦する機会があったら、愛のソウルブレイカーに要注意ですね!

個人的に・・・モンスターと呼ばれる存在も、ただ倒される漠然とした悪じゃなくて・・・意思があってほしいって思うんです。
そういった意味でも、こういうサイドストーリーは素敵だと思いますよ!
あまり意識しすぎると平和主義に目覚めちゃいそうですけど、こうして彼らの生活を想像してみるくらいならw

2回前の更新ですけど、やっぱりらぶらぶ・・・。
病気のときに付ききりで看病とか、愛のなせる業ですね!

ひとつ気になったんですけど・・・言っていいのかな・・・。
・・・・・・電波汚染度?
2007/06/13(水) 21:37 | URL | ティリア #VEwPcYz.[編集]
初カキコ!!
ブログ構築おつかれさん!!!
2007/06/14(木) 13:16 | URL | 吉良零 #-[編集]
おつかれさんどすえー
ティリアさん>
そうですねー。
とりあえず、取り巻きに1匹葉猫を混ぜてくれと・・・
う~む、むしろSSを考えるとROのmobの話に・・・・
看病は・・・
まぁ、隣で寝てるだけと言ううわさも・・・
電波汚染度はあれですよ?
汚染された人数です。
ここの電波にw
そのうち、訳のわからないことを喋り出すんですよ・・・
怖いところは自覚症状の無いところです。
お気をつけを(既に手遅れだが)

吉良さん>
おひたしゅー
とりあえず作ってみますたよ。
そして、がりがり更新中・・・。(精神安定のために・・)
これからもちょくちょく見にきてくだせぇ~
2007/06/15(金) 09:13 | URL | 灰 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。