切り取った日常(灰)
簡単な日常の出来事や、RO日記、メガテン日記、コンシューマ日記、ゲームレビュー、SSなどを主目的としたブログです。なお、ブログにて使用されるゲームの画像についてはROはGravity,GanghoにIMAGINEはATLAS,CAVEにその他ゲームは各々の製作会社の著作権となります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社員旅行ですってよ
2007年06月30日 (土) 16:17 | 編集
明日から行ってきます。

すげーーーーー行きたくないけどな

行かないと欠勤扱いになる不思議


やっぱし、頭おかしいんですようちの会社は

とりあえず、土産も買わずにぶらーっとしてきます
スポンサーサイト
大運動会
2007年06月27日 (水) 14:16 | 編集
深遠「さぁ、今年もやってまいりました。MVPモンスターによる大運動会です
   解説の彷徨いさん、今年はどんなドラマが生まれるんでしょう?」

彷徨い「そうですねー、新たなMVPも増えたことですしなかなかに白熱したものが見ら
    れるんじゃないでしょうか」

深遠「そうですね。実に楽しみですね
   さて、開会式は順調に進んでいますね。
   ここでレディータニー選手による選手宣誓が行われるようです」

彷徨い「タニー選手はとても恥ずかしがりやですからね・・・
    ちゃんと先生が出来るか少し心配なところです」

タニー「・・・・

深遠「ん?早速、心配が的中してしまったかもしれません・・・」

タニー「・・・・・選手・・・・・・せんせい・・・・

深遠「おっと、どうやら杞憂に終わったようです。
   タニー選手の選手宣誓が始まりました」

タニー「わたしたちせんしゅいちどうは・・・すぽーつまんしっぷにのっとり・・・・せいせいどうど
    うとたたか

シュイーン

会場にショックエモが乱れ飛ぶ!!

深遠「おっとぉぉぉ、タニー選手が恥ずかしさの余りテレポートしてしまいました!」

彷徨い「なんだか、予想通りの展開になりましたね・・・」

深遠「戻ってこないタニー選手に代わりまして、バフォメット選手が選手宣誓を行う
   ようです」

バフォ「選手宣誓。
    我ら、選手一同はMVPボス精神にのっとり、全力で敵を排除しつつ、勝利をつ
    かむことをここに宣言します」

深遠「・・・なんとも、剣呑な選手宣誓でしたね・・・・」

彷徨い「むしろ、そのほうがらしい気もしますがね」


~400m走~

深遠「まず、最初の種目は400m走です」

彷徨い「この種目ではどんなドラマが生まれるのか非常に楽しみですね」

深遠「そうですね。
   では、選手の紹介に移ります。
   1コース ドッペルゲンガー選手
   2コース イグニゼム=セニア選手
   3コース 月夜花選手
   4コース ミストレス選手
   5コース ダークロード選手です」

深遠「彷徨いさん、このレース、どう見ますか?」

彷徨い「そうですねー、なんと言っても一番人気はDop選手ですね。
    何せ、単賞1.1倍ですから」

深遠「・・・彷徨いさん、なんの話をしてるんですか?
   この大会では賭け事は禁止のはずですが・・・?」

気まずい沈黙が流れる

彷徨い「さぁ、何のことでしょうかねぇ(苦笑い)
    まぁ、実際問題DOP選手が1位になるのではないでしょうか」

深遠「そうですか。まぁ、先ほどの発言は聴かなかったことにしておきます
   さて、各選手がコースに着いたようです。
   後はスタートが合図されるのを待つばかりとなりました!」

彷徨い「Dopこい、その次はセニアで・・・

深遠「ゴホンッ

   いよいよ、開始の合図です。
   イクラに詠唱ゲージが現れました!」

ドカーンッ

深遠「やはり飛び出しましたDop選手!
   他の選手を圧倒的な速度で引き離していきます!」

ゴオオオオオオ・・・

深遠「何の音でしょう?」

隕石が飛来した!

深遠「隕石です!誰かがMSを唱えたようです!」

彷徨い「誰かも何も、ダークロード選手しか居ないでしょう」

深遠「・・・(カチンときた)
   MSを唱えたDL選手は他の選手がヒットストップ&スタンしている間にトップに躍り出ます!」

彷徨い「他にも、影響を受けていない選手が居ますね
    あれは・・・
    ヤファ選手とセニア選手でしょうか」

深遠「これはDL選手、失念していたか!
   二人の猛追撃によってコースから弾き飛ばされました!」
   
彷徨い「どうやら、メマーナイトとバッシュを食らったみたいですね・・・
    あれでは、しばらく戻れないでしょうからリタイアでしょう」

深遠「二人の独走状態が続きます。
   このまま、ゴールまで行くのかーーっ!?」

チュッドーンチュッドーンチュッドーン

深遠「ここで、虚空から大きなハンマーが振り下ろされた!
   ハンマーフォールです!
   どうやらDop選手が盛り返してきたようです」

彷徨い「さすが、一番人気といいますか強いですねー
    そのまま行ってほしいですねー」

深遠「徐々に2人を追い抜いてトップに躍り出ました!
   もはや、ゴールは目前です!
   このまま決まるかっ!」

彷徨い「おや?ヤファ選手がなにやらミストレス選手にちょっかいを出しているみたいですよ?」

深遠「本当ですね。八つ当たりでしょうか?」

彷徨い「なんだか、雲行きが怪しくなってきましたね」

深遠「そうですね。
   おっと、ミストレス選手が雷光をヤファ選手に向かってはなったぁぁぁ!!」

ビビビビビビビビビビビ

深遠「Dop選手がゴールする間近!
   ヤファ選手が電撃とともにゴールテープをきったぁぁぁ!!!」

深遠「これは、ラッキーなんでしょうか、それとも狙ってやったのでしょうか?」

彷徨い「作戦でしょうね・・・。
    Vサインしてますし・・・」

深遠「1種目めから白熱した競技でしたね」

彷徨い「そうですねー。(少しへこんでいる)
    次の種目は何でしたっけ?」

深遠「次の種目は・・・
   
   また来週!
   だそうです」

彷徨い「・・・なんですか、それ?」

深遠「作者はそろそろ仕事に戻るそうですので」

彷徨い「じゃあ、仕方ないですね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言うわけでまた次回に他の種目を書きますねー

今回はノリのいいのを書いてみたつもりです。
なんか、ノリきれない感はありますが・・・
昨日の出来事
2007年06月25日 (月) 12:44 | 編集
は、嫁のブログを見れば大体載ってます。


ゆえに・・・
何かこうか?

そいやぁ、もうすぐボーナスですね


皆様はどのようにお使いになるでしょうか?

俺は、嫁の母方の実家に行ってまいります。
フェリーで往復5日の旅です。

ここから新潟まで高速乗ってそこからフェリーで18時間の船旅です。
小樽港についてから小樽築港の高速に乗って八雲まで再び高速に乗る




え~と、生まれて初めて自分で運転して長旅ですよ。
不安だなぁ・・・

まず、10:30出航のフェリーに間に合うようにつけるかどうか・・・

ここから新潟まで高速で3時間ぐらいか?(距離的に


まぁ、余裕を持って5時か6時には出るけど・・・
起きるのは日の出とともに?
な感じです。


・・・
お兄ちゃんがんばっちゃうぞー


ふはははは
まぁ、何とかなるだろうw
念願の
2007年06月23日 (土) 12:10 | 編集
メガテン IMAGINE

できました~w

今までは、スペックが足りなくてできなかった・・・


だが、昨日必要スペックが下がっていることを発見(割と前からあったぽ)
早速、再ダウンロードをしてレッツプレイw

しかしまぁ、必要スペックぎりぎりなので
PCの処理を待って行動しないと・・・

PCが落ちる・・・;

んでもまぁ、楽しくやっております。

んで、下の絵はトラエストって魔法を使ってるとこです。
トラエスト~

でも、聞いてくれ
この魔法、ROのテレポLv2と効果は同じなんだが・・・
詠唱時間30分強
こう、詠唱中に飯食ってましたよ・・・

長すぎじゃーーーーー
歩いて帰ったほうが早かった・・・

まぁ、そうはいってもがりがり進めてみてますy

と、今日はそんな報告でしたノジ
平静は獰猛へと変えられた
2007年06月22日 (金) 13:04 | 編集
何もせず

只、揺れるのみ



移動することさえままならず

さりとて、根を張るわけでもない



数多の草の中で

ひたすらに無視される存在


緑の草


そう言われている私達



だが、悪いことばかりでもない

何故なら

平和だから


私達を刈り取る者は居ない

気まぐれに刈られるときもあるが



所詮は路傍の草


そう、私達の世界は平和だった

あるものが出来るまでは・・・




毎日を只、葉を揺らしていた

無害にして無益な私達は、何の危機も感じずすごしていた。


あるとき、人間が素手で私達を殴っていた

次々と倒れる私の仲間


どうやら、いつもの気まぐれで刈っているわけではないようだ

手近に居る仲間達を片っ端から殴っていた


ついに私の番が来たようだ

私は只、殴られる

命の灯火が減っていく

終わりに近づいたころ

世界は一変した



いつもの視点よりもはるか高く

見れば鎧を着込んでいる

血を流した盾を持っている

鎧からは火が噴出し

大きな剣を持っている


そして何より

平静だった心が

獰猛な感情を持っている


「目の前の人間を殺せ!」

とどこからか命令されているようだ


私を殴っていた人間も驚いていた

私は、さも当然のように剣を振るった

人間は逃げようとしたが後ろから一太刀

私達を刈っていた人間はその命を私に刈り取られた


なぜだろう

そのとき、とても楽しかった


私はそれから時折通るものを襲った

剣で斬り

隕石を呼んだ


このまま、いつも来る世界の終わりまで過ごすのかと思っていた

しかし、人間達が私を倒しにきた


普段、気まぐれに私達を刈っていたときとは目がまったく違っていた

人間というのは、いたずらに他者の命を奪うくせに

自らに危害が及ぶと、全力でそれを排除しようとする


矛盾した生き物だな・・・・

もはや、この人数を相手に勝てるとは思っていなかった

私は渾身の力を持って隕石を降らせた

川にかかっていた大きな橋がところどころ壊れた

何人かが隕石につぶされる

しかし、生命を守護するものが居るようだ

つぶされた人間達は、誰一人として死んではいなかった

必死に抵抗を続けたが、やがて私の灯火は揺らめきをなくした



ふと、目が覚めた気がした

どうやら、眠っていたようだ

悪い夢を見ていたらしい

私があんな獰猛な存在になるわけは無いのに・・・

そしてまた、平和な日々をすごしていく

いつもの平静だ・・・・


でも、なんであの橋は壊れているんだろうか・・・


Fin


あれ?
またダークな話に・・・・

うむ
判った

どうやら、俺のストレス度に応じて
話の方向性がダークに向かうらしい

察してください

まぁ、そんなわけで第5弾終了ー
ノジ
うむ
2007年06月22日 (金) 11:30 | 編集
前回のインタビューは微妙だったな・・・。

結局何がしたいのかと・・・


あれか。
ただの電波か。


そういうことにしましょう。



今日が終われば2日休める。
もはや、ストレスを感じない日はない。

それもまた、生きるということなのだろうか・・・?


なんて、達観なんかするかヴぉけぇぇぇぇ


あぁ、魂の叫びが・・・・

あれだ、これはきっと
心の洗濯




この日記は・・・

コメントつけなくていいよ?
SS書こうと思ったが
2007年06月21日 (木) 11:59 | 編集
ネタが浮かびませんでした・・・・。


なので、昨日の出来事

夜。
嫁がクエやってて暇だった。

ユーチューブでアニメを見てた
鋼鉄三国志だったかな?

でだ、見てたら三無そやりたくなってきたので

嫁のゲーム箱から4を引っ張り出し、嫁のメモリーカードをさしてゲーム開始。
はまりにはまって、
星彩をクリアし、関羽を途中まで進めた。
2時になってました・・・

いあー、そっからいちゃついたりしたので寝たのは結局3時な訳で
眠い眠い・・・
始業1hはやばかったね・・・

今は、目が痛いだけだが・・・
立つと立ちくらみする。

って、いつの間にか今日の出来事に!!

ま、いっかw
某ひまわりさん
2007年06月20日 (水) 15:22 | 編集
横沸きするのってつらいわ・・・


インタビューをしていると
某ひまわりのモンスターはそうグチった。



いやね?横沸きするとプレイヤーに
「横沸きするなよ!」
って言われるけど・・・

私だって嫌だわよ・・・

だって、考えてみてよ?
動けない私に対して、反撃できないところから攻撃してきて、わたしは殺される・・・。

でも、その後すぐに近いところに生まれて、また殺されなければならない・・・。

死ぬのは痛いし、怖いし、苦しいよ?

私は所詮、経験地を稼がせるだけの存在かもしれないけど・・・。
でも、無条件に殺されるべき存在だと思ったことはないよ。


少し昔のことだけど・・・こんなことがあったの。

そのときは回りに仲間が7輪ぐらいいいたわ。
そこへハンターがやってきて・・・

私達を一箇所に集め始めたの・・・。
何をするのかと思ったわ。
だって、私達は互いに回復することが出来るから、倒すなら引き離して各個撃破されるのがいつものことでしょ?

だから、私はこのハンターは何もわかってない初心者だと思ったの。




でも、違った。

そのハンタは黄色と黒の縞々に塗られた箱を取り出したの
それを私達の近くにおいて、大量の矢を放って移動させたの
その箱が私達のところへ来たとたん・・・

大爆音とともに視界が真っ赤になって、気づいたら別のところに生えてた。

後から知ったけど、どうやら爆弾だったみたい・・・
それも、巻き込めば巻き込むほど火力が上がるっていう悪魔の兵器・・・。



それ以来、集められて爆破されるってことはそう無かったけどね。

ほかにも、ホーリーライトを使って私達を狩ってるプリーストも居たわ。
明らかに火力不足なのに・・・w
って、冷笑しながら眺めてたの。

そしたら、いつかのハンターがそのプリに話しかけてPTを組んだみたい。
そこから、また私達の悪夢が始まったわ・・・。

割と長めの時間、二人は狩ってたわ。
終わったころには私達はだいぶやられてた。



死んでもすぐ復活するけど・・・。
死んだときすらも覚えているから、恐怖がぬぐえない。
いっそ、何も知らずに突然生を受けて、本能のままに生きられればどれだけ幸せかもね・・・。


某ひまわりさんは、そう言って涙を流していました・・・。
最近
2007年06月20日 (水) 11:33 | 編集
こつこつと
ハンタのレベルを上げております。

王陵3(龍)で
風特化を作ったらちょろっと効率が上がりましt

今、1hで13%ぐらいですかね・・・
時給どれだけでてるんだ?
ハンタ81だが・・・


計算中・・・ 
  
・・


441723
意外と効率でてないのな

まぁいいか。
夢ハンタだしw

とりあえず、Agiを77まであげなくては・・・・
座り犬の効果が完全に発揮されない・・・

最終的にステが
Agi,Dex,Lukが70台
Intが30台で
完成しそうな感じです。

まぁ、一言で言えば・・・
微妙?


自分が好きでやってるからいいのさw

と、言うことで
微妙ステを量産する男の主張でした。
あくなき強さを求めた者
2007年06月19日 (火) 11:26 | 編集
最強を求め幾星霜

ひたすらに剣を振り

ひたすらに強者を求め

ひたすらにそれを打ち倒してきた


さりとて、未だ我が最強には届かず

さらに剣を磨き

命を奪う



ここはフェイヨンから東へ行った竹林の中

サワサワと鳴る竹の葉音に混じり鍔鳴りと抜刀の音がこだまする


その者は音も無く忍び寄り
居合いの一太刀によって相手を葬る

彷徨う者

人々の間でそう呼ばれている者だ


そもそも、なぜこのような場所に一人だけ彼が居ることを話さねばなるまい・・・


それは、200年ほど前のこと

当時フェイヨン周辺には、フェイヨンの元となる文化「フェイ」と
天津の流れを持つ文化「国津」があった。

互いの文化は仲がよく二つの町において同盟が結ばれていた。
多少の小競り合いはあるにせよ、二つの町は50年余りの間
平和が続いた・・・。


しかし、平和は突如フェイヨンの有力者とプロンテラ政権の陰謀によって戦争へと移行した。

当時彼は20代前半の剣士(天津流には侍という)で、
強さを求め、日々鍛錬をしていた。


そして、戦争になると
勇んで戦場へ赴き、修羅のごとき働きをしたという。


しかし、あるとき・・・
敵の罠にはまり、敗走を余儀なくされた。

迫り来る追っ手をかわし、傷を負い、ひたすら逃げるうちに意識を失った。


次に彼が目を覚ましたときは布団の中だった。

どうやら、何者かに助けられたようだ・・・。
しかし、善意で助けられたとは考えにくい。
故に彼は自分の刀を探した。


「これをお探しですか?」


と、後ろから声をかけられはっとする

「これはここにおいておきます。
でも、まだ傷が治っていませんのでもうしばらくは、静かにしていてください」


彼女は刀を枕元に置くと囲炉裏へと向かった。
囲炉裏にかけられた鍋の蓋を開け、中身を椀へよそった。


彼はしばらく様子を伺っていたが囲炉裏のそばへ行き、腰をかけた。

「どうぞ。まだ、熱いので気をつけてくださいね?」
と汁の入った椀を渡された。

「あ、毒なんか入ってませんから」
彼の難しい顔を見て、気を回したらしい


「・・・・馳走になる」
彼は、一言そう言うと汁をゆっくりと啜った。

傷がいえるまでの間、彼と彼女は多少の言葉を交わした。
ここがフェイと国津の中ほどにあり、その中でもさらにはずれのほうだということ
今、戦争はフェイ側が優勢になっていることが判った。


彼がすっかり元の体に戻るころには、二人は互いを意識していた。
しかし、国津の剣士である以上は今の状況を見過ごすわけにはいかなかった。
おそらく、彼が最も安息を感じたのはこの数日が最初で最後だっただろう。


彼は国津へと戻り、戦争に参加した。
戻った彼は強かったが以前のような気迫がなくなっていた。
(俺は弱くなってしまったのか?)
そんな思いが彼の中を渦巻いた。
同時に思い出すのは彼女のことだ・・・。


国津は劣勢を覆すことが出来ず、ついに本丸を攻め落とされてしまった。
彼は敗北によって自決しようとした。
しかし、どうしても彼女のことを思えば思うほど、死ぬことが出来なかった。

弱くなってしまった自分をふがいなく思うも、彼女への気持ちが大きかった彼は、彼女に会いに行った。



しかし、そこに彼女の家は無かった・・・。
あるのは燃えて崩れ落ちた家屋と

思いを寄せていた人の亡骸だけだった・・・・。



そこから彼の意識はあやふやなものとなる。
ただ、心を占めていたのは彼女の顔と
自らの弱さ。
彼は我を失い、近く野営をしていたフェイの兵隊達をかたっぱしから斬り倒し、自らも矢を浴び、斬られた。
しかし、彼は止まることなく後から応援に駆けつける兵隊を斬り続けた。



体が動かなくなるころ・・・
彼は思うのだった。
もっと強ければ・・・
戦争を終わらせ、彼女を迎えにいけた・・・
自分がもっと強ければ・・・

彼は強い思いとともに息を引き取った。



しかし、残された強い思いは彼の体を離れることは無かった。

彼の体から魂が離れ、もはや人ではなく、どれほどのときが過ぎたのかも判らず、ただ漠然と強さを求めるようになっていた。
それとともに怨みも・・・。


そして彼は、通りかかった人間を全て切り伏せるようになっていた。

刻を数えることを忘れ、強くなろうとする理由を忘れ

唯ひたすらに・・・


彼にもう安息は訪れない
思いが昇華されない限り、彼は現れ、人を斬り続ける・・・


Fin

いや~
ダークですね。
デッドエンドですよ。
ハッピーエンドはありません。

なんちゅうか・・・
さらさら~っと書けたわけじゃないので
なんとも言えず・・・
脱線しそうになっては何とか修正(しきれてない気もする)し・・・
2時間もかかってしまった・・・

あれだね・・・
仕事しろよ!と

ええ、そのとおりですが・・・

まぁ、キニシナイ!

あれですよ、ひなたさんのコメントからネタを勝手にもらって書いたわけですが・・・
なかなか、くらーい悲恋になりましたなぁ・・・
タイトルとなんか違う・・・

キニシチャダメダ


そんなわけで第4段終了です。
ノジ
明日より
2007年06月19日 (火) 09:41 | 編集
私は安穏な日々を逃れ
再び戦場へと赴きます。














いあ、ぶっちゃけメンドいんですが・・・
つか、鬼か!
というほど仕事を押し付けられるんですがどうしたらいいですか?
あぁん?コンチクショー!
あんまり、こき使うと・・・・

失踪するよ?
失踪するよ?
失踪するよ?
失踪するよ?失踪するよ?失踪するよ?失踪するよ?

ふはははははw
もう、精神状態がガがガ・・・
激戦になる前からやばいす


嫁に癒してもらおう・・・・
癒し癒し・・・・

リアルヒールくれ!!

ついでにキリエとか、IAとかブレスクレ
そして、会社にMSしてくれ・・・・

SG、LoVコンボでもいいから・・・


クレイモアは証拠が残るから・・・


あくまで災害として、倒壊してもらわにゃぁ・・・

・・・

わーい、魔法が使えれば完全犯罪だーw



・・・

いかんな・・・
精神崩壊が進んでる気がする・・・
ウータン事件
2007年06月18日 (月) 13:12 | 編集
何か書きたいでも書きたいものが浮かばない
そんなときは!

アレしかない?



ウータン劇場

ウホw
今日も人間やってきたウホw

毎日毎日うるさいウホw
仲間も沢山やられたウホw


どうしてくれようか・・・・・ウホw
そうだ・・・ウホw

かねてから計画してたあれを発動させるウホw

・・・・・・



「っち、ぜんぜんバナナ皮落とさねー」
愚痴りつつ、ウータンファイターを狩る男

彼は後に目撃者となる
この事件の目撃者に・・・


彼はその後も淡々とウータンファイターを狩り続けていた
ズシーン ズシーン ズシーン


彼はまだ、それに気づいていない
ズシーン ズシーン

「ん?なんだ?」
ズシーン ズシーン

「うぉ」
ズシーン ズシーン

ヴィィィィィ ガガガガガ プシュー

「なんだ・・・これ?」
「でかい・・・・ウータン?」


ふふふ、びびってるウホw
当然ウホw
このスーパーグレートパーフェクトイリュージョンマジカルバナナデンジャラスワンダフルミラクルウータンロボZの前では当然ウホw
さってと、それじゃあそろそろこの世とおさらばしてもらうウホw

ウィィィィィン ズシーン
「うぉ、あぶねぇ」

ウィィィィィン ズシーン

ウィィィィィン ズシーン

ウィィィィィン ズシーン

ズシーン ズシーン ズシーンズシーンズシーンズシーンズシーン
「ふい~危ない危ない」(良い汗かいた~)
と彼は全てを避けた

ウガ~~~~ウホ
避けるんじゃないウホ

こうなったら、ロケットパンチウホ


バッシュウ 

ヒュルルルルルルルル・・・・・



ポテ

チッチッチッチ・・・・・

ドカーーーーーーン


これで跡形も無いだろウホw
センサーで周りを見渡すウータン
右を向いたときに大アップで男の顔が映った
どうやら、ロボに張り付いて事なきを得たらしい

ウホ!
びびったウホ・・・

しかし、ロケットパンチまでかわされたウホ・・・
こうなったら・・・・

ウータンロボZは激しく動いて男を振り落とした
食らうがいい!ウホ

ムナゲノファイアー

ゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ


・・・・
・・・
・・


あたり地一面焼け野原となった・・・
ジャングルは焦土と化し、ウータンやビートルなどのmobの住処が失われた。
焦土を作った張本人であるウータンは何処かへと身を隠した。
ことの一部始終を見た男は、町に帰ってその話をした。
男は後に、この話を小説化しウータン事件と銘打って出版した。


Fin

とまぁ、お笑い路線で行ってみました。
ロボはネーミングと必殺技でもはやお察しです。

それにしても・・・
実はウータンはとんでもない科学力を持っていたんですね!
そのレベルは人間をしのぐほど?

目撃者の男に関しては、自分の中ではログかアサです。
どっちにしろ、Agi系じゃないと避けられないと思うので・・・


と言うわけで、SS第三弾は終了です。
今までに比べれば短いと思いますが・・・
この後、打ち合わせが入ってるので手短に済ませました(汗)

と、打ってる間に上司が・・・
では、この辺でノジ
いかん
2007年06月18日 (月) 10:11 | 編集
体がすこぶるだるい。

昨日、ラグナをしてたから・・・
2時近くまで・・・
その後、就寝まで30分ほどかかった。

もう、体がだるくてだるくて・・・

居眠りでもしたいが寝られないし・・・


今日は打ち合わせがあるんだがなぁ・・・・
打ち合わせで寝る気がする・・・

かなーりよろしくないんだが・・・

まずいと思うもどうしようもできず、時間だけが過ぎていく
つか、あくび出るのに・・・


誰か~脳内の睡眠物質をきれいに取り去ってくれ・・・
復帰ー
2007年06月16日 (土) 19:47 | 編集
した

早速、ROしてますた
がりがりと
やりまくり

疲れて

休憩中

背もたれやら肘掛がない状態でROやったのが初めてで・・・

ひじょーに肩が凝ります
+ねみぃ

とりあえず知り合いがつなぐまで
待機かも
そいやぁ禁煙だったな
2007年06月15日 (金) 13:40 | 編集
そう、禁煙してたの。

んでな
発見したんだが
俺、タバコが無きゃ無いで我慢できるんだ。

んでそれがどうしたかと言うと
嫁と一緒に禁煙をしました。
昨日、嫁が根をあげましてタバコを購入
禁煙は3日で終わりましたとさw

ちなみに、昨日かって半分こして
俺は今朝吸い終わった。

さぁ、今日から禁煙のやり直しだ。
こう、禁煙の法則を見出した。

つまり
「買えない」「もらわない」「考えない」

「買えない」
財布に200円しか入れないようにする。

「もらわない」
くれるといってもダッシュで逃げる

「考えない」
欲求を無視する(修行が必要)


とまぁ、こんな感じで
ちなみに今、財布の中には0円が入っています。

で、そもそもタバコをもらうような同僚は居ません。

で、欲求を無視するってのは・・・
実は割りと昔からやってることで・・・
慣れてるんですよ。
なんで、割と平気というわけです。
あれだ、心頭を滅却すればryの邪道バージョンのような

まぁ、そんなこんなで日がたつにつれ
また嫁に八つ当たりされるんだろうか・・・(禁煙のイライラで)
とか、思いつつ
八つ当たり1回につきタバコを1本没収します。
と宣言して、事なきを得るような。

闘煙生活でございます。

しからば、ノジ
昨日あれさ
2007年06月15日 (金) 13:19 | 編集
休んじまったよ・・・
最近、胃がまた弱ってきててね・・・
お休みしますた。


あー・・・
ネタが・・・
あー・・・
明日・・・
ネットが開通します。

土日はネトゲ三昧だろう・・・。
今月水曜から、再び仕事が忙しくなるので・・・
めいっぱい遊べるのは今週末ぐらいかも知らん・・・・

だから・・・


みんな!


遊んでくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇええええええ!!

そんなわけだ。
もう、ネットないと家で暇で・・・
こうさ
FF6やって、タクティクスオウガやって、スパロボJやって、メタルマックス2やって、天地創造やって、クロノトリガーやってと・・・
ひじょーに暇人振りがうかがえる内容
そんなこんなで、パソでエミュってる間に嫁がペルソナ3クリアしてみたり・・・

これで二週目のデータいただきだぜwヘッヘッヘ(`ー´)
とかな

まぁ、なんにしても・・・
いろいろと飢えてます。
コミュニケーションに・・・

ほとんど、嫁意外と話してないからなぁ・・・

まぁ、そんなこんなでよろしく~(ナニガ?
ネコシンクロス
2007年06月13日 (水) 14:56 | 編集
何か書こうと思いました。

思いつかねぇ・・・・。


あ、そうだ・・



「今日も良い天気だニャー」

ジャジャジャッジャジャン♪ポン
ジャジャジャッジャジャン♪カン
チャチャチャチャチャッチャチャ~チャチャチャチャッチャ~♪

お魚くわえた葉猫をおおかけ~て~♪
カートを♪引きずる♪必死な商人さん♪
みんなで追っかける~♪
ウータンに追っかけられる~♪
ル~ルルルッル~♪
今日~も良い天気~♪


っは・・・

何か電波が飛びました・・・

気を取り直していってみよう


おいらはリーフキャット
しがないモンスターさ
最近巷じゃぁ、人気者だ・・・
なんせ、JOBがうまいからな!
だがまぁ、人間どもにやられるのはトロい奴らだ
何故かってぇ?
そりゃ、モチロンはぐれてるからさw
俺のように、手下を何匹もつれてりゃ
体力がやばくなったら周囲から回復されるって寸法だ
用心棒のウータン先生も居るしな
ビートルって虫も勝手に沸いて足止めをしてくれる
逃げようと思えばいくらでも逃げられる
むしろ、隙を見せれば
逆にこっちが人間を狩ってやるよ!

そうやってうまく世の中渡り歩いてた俺だが・・・
そんな俺が、あるきっかけで強くなった話をするぜ

まず、いきさつから話すが
俺達の縄張りは遺跡周辺と遺跡内部の1Fだ
基本的に行き来することは無いが、俺は気にすることなく自由に移動してる
ある日、遺跡内部を散歩してたんだ・・・
そしたら、壁と塀の間に小さな穴があった
覗いてみたら、どうも下の階とつながってるみたいだった
今まで一度も2Fには行ったことが無かったし、俺の知らない場所がここにあるってのも癪だったから、その穴に飛び込んだのよ

ちょっと着地に失敗して、軽く気を失っちまった
なんか、ガシャガシャうるさい音で目が覚めたら鎧着たヤクザが青龍刀もってたってやがった・・・
一瞬、昔踏み倒して逃げた借金を取り返しにきたかと思ってあせったぜ・・・
だが、よく見りゃあこいつもmobだってことがわかった
まったく、俺の毛が生えたハートが縮こまったぜ・・・


とにかく、この階のことを見て回った
なんやら得体の知れない祭壇が沢山あるとこだったが、とりあえず害はなさそうだし興味も無いから無視だ
知ってる顔は居ないもんだと思ってたが、クラベンの兄貴にあったぜw
相変わらず、しゃべらずにシンバルで話そうとするから耳がおかしくなるかと思ったぜ・・・

あらかた散歩も終わって、そろそろ戻ろうかと思ってたんだが・・・
不意に騒がしくなった
騒がしいほうに行ってみたらアイテムが落ちてやがる・・・
あれはやばい・・・明らかに人間がきてる
しかも、いつも会うようなのじゃなく、とても強いのが・・・
だが・・・
悲しいかな
ルートモンスターの性さ・・・
アイテムが目に入っちまったらとりに行かずにはいられねぇ・・・
むしろ、もうアイテムに向かってまっしぐらに進んでやがる・・・
アイテムを拾い上げて、やっと体が自由になったぜ・・・
でも・・・
人間に気づかれちまった・・・・
少し不思議な顔しながら、獰猛に笑った口元が俺の終わりを感じたぜ・・・
もう、どうにもならねぇと腹ぁくくったときだ
後ろから高速でバナナが飛んできてそいつに当たった。
そいつは血相変えて逃げようとしたが、クラベンの兄貴達がそいつを囲んでぼこぼこにしちまった

俺は、まず兄貴達に礼を言った
そしたら
「礼なら姫に言ってやってくれ」

シンバルで返された
姫?
と後ろを振り返ると、でかいヤシの木がたってた

このヤシが姫??
と思ったら木の影に女の子が

あの子を見た瞬間、運命を感じたぜ

さしもの俺も緊張してしどろもどろになりながら礼を言った
そしたら、彼女はコクンとうなずいて
兄貴達とともに光の中に消えてった

あとで彼女がこの遺跡の主だってことを知ったよ
そこからさ
俺が強くなろうと思ったのは・・・
彼女を守れるほどに強く


それから、旅に出た
ひたすら自分を鍛えた・・・
鍛えて鍛えて・・・
エドガに一目置かれるほどの猫になった

そして、故郷に舞い戻った
ネコシンクロスとして

そしてこれからだ
この花束を手に、彼女に愛を語る
それじゃあ、そろそろ行くぜ
またな・・・



以来、この猫は姿を消す
しかし、時折人間の噂でアユD3にネコシンクロスという葉猫が取り巻きのなかにいるなんて噂が立ったりした・・・

Fin



言うわけで第2回SSが終了しました。
まぁ、今回も
ぶっつけで思いつくまま話を作りました。
脳内構成垂れ流しです。
いあー、なんか葉猫をハードボイルドにしようとしてたんだが・・・
途中から、チンピラっぽいしゃべりに・・・
なんともいえんね・・・
さすが即席
まぁ、その辺も含めて楽しんでいただければ幸いです。
mixi 到来者1000番目
2007年06月13日 (水) 10:10 | 編集
1000番目に到来したのはこの方

ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ
ダダン!

お名前:湊

つまり嫁w
おーめーでーとー

きり番ゲットした嫁にはリアルで何かしておきますw
昨日は有給でした
2007年06月13日 (水) 10:04 | 編集
何故かと言うと、嫁の誕生日だったので。
休みを取ってデートに行こうかと
思っていました。

結果
デートにはいけませんでした。

理由
嫁の体調が悪かったので。

考察
一日マッタリしたので、むしろ俺が休めてラッキー的な(看病はしてたが)

内容
夕方、嫁の体調が良くなったところで
うちの両親と一緒に嫁の誕生日会をしに
イタリアンの店に行ってきた。

頼んだ品目
生ハムサラダ
茸とホタテのホワイトクリームパスタ
ボロネーゼ
ペンネアラビアータ
手打ちスパ(名前忘れた)
スズキの特製パン粉まぶし焼き
信州地鶏のオーブン焼き
ティラミス×2
チョコレートトルタ
カシスオレンジ
キール
ビール
白ワイン(グラス)×2
ウーロン茶

とりあえず・・・
腹いっぱい食べたy
うちの親から、プレゼントももらってたし
本人は気疲れしたみたいだが・・・
ちなみに俺からのプレゼントはありませんが・・・・
代わりに家事して寝かしといたぐらいで勘弁してもらいたいところ・・・(へそくりも出来ない経済状況;)
まぁ、プレゼントできない分は
またどっかにつれてくってことで・・・(あれか・・・甘味梯子とか)

以上、昨日の出来事
ノジ
あー、そうそう
2007年06月11日 (月) 15:17 | 編集
タバコをやめました。(禁煙1日目)

理由:家庭の財政難


う~む・・・・
たまーに、口が寂しくなったり
無性に吸いたくなったり・・・
は、しないんだが

慢性的に軽く吸いたい欲求が・・・orz
まぁ、無視できるレベルなんでいいけど

でも、これが起きてる間ずっと続いてるとストレスになるなぁ・・・タブン
そんなときは嫁とじゃれて気を紛らわそう・・・


どの道辞めるつもりではいたから・・・(理由が無いとやめられないが・・・)
いいのさ・・・
これを機に
肺胞を復活させようw
(肺胞壊れすぎだ)


でもまぁ、あれだ
目の前で吸われると・・・

















無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああ!


叫びたくなる。
もとい、蹴りたくなる。

以上、心の叫びでした。
ノジ
あーもうすぐ・・・
2007年06月11日 (月) 11:24 | 編集
ミクシィの訪問者累計が1kになりあす。

一体誰が1K番目を踏むのでしょうか・・・。
とりあえず、踏んでも何もありませんが・・・。
と、いうか自分のところに1K回も人が来るとは・・・
奇特なかたがただw

毒電波も好評放出中の今日この頃。
一体汚染度はどのぐらい行ったのやら・・・
確かめようが無いですからね・・・。
ためしに、誰かコメントで電波飛ばしてみてくださいな。
あれです、むしろ眠いのは仕様・・・
2007年06月08日 (金) 12:00 | 編集
タイトルどおり
眠い
もとい、気持ち悪い・・・・
最近、胃が弱っております。

まあ、最近の体調報告はおいといて
何で眠いかって言うと・・・

昨日、会社を体調不良で休みました。
んで夕方に通帳記帳とか、家賃の振込みとかで近くのテナントがいっぱい入ってる大型店舗に行ってまいりました。

記帳を済ませ、振込みするかー
とおもったら!
大家さんの口座わからねぇ・・・orz

ってことで、嫁のバイト先を探しに2Fへ
100均のバイト募集があったんだが、いまいち条件が合わず・・・ry

帰り道に本屋によって漫画→小説と目線を移していった先に

「DDD 1  奈須きのこ」

!!

こりゃ・・・

買うしかねぇ!

とりあえず、いくらかなっと・・・
(裏を見る)

・・・・

1400円!?

たけぇぇぇぇぇ
(ちなみにうちの経済状況はけっこうやばい)


・・・・

ほしい・・・

ほしいぞぉぉぉ・・・・

嫁「おにぃさん、それほしいんでしょ」(おにぃさんと呼ばれることが多い)

うむ
買う

てことで


図書カード500円分を出し、残金を払って(嫁が)
ゲットダゼェェェェ!!
最後の一冊でしたw

家に帰ってからはひたすら読書
8時ごろから嫁が体調悪くて
二人で布団に入りながら、俺は読書

嫁が寝て10時過ぎ
いい加減腹減ったし、飯作るか・・・

と、ハンバーグを解凍してフライパンへ・・・
中心がまだ凍ってたので弱火でじっくり・・・・
してる最中も読書

そろそろいいかな?と思って
皿に上げ

うし、飯だ!
ソースをかけて
中を開いてみる

うむ
まだピンクじゃんw

レンジへハンバーグを更迭
数十秒してソースがパチパチはね始めたので
これぐらいでいいか・・・と
食事再開

もりもり食っていたら・・・

嫁が起き上がりこちらを見ている
どうやらおなかがすいておきたようだ
ご飯を与えますか?

 はい
>いいえ

ご飯を与えますか?

 はい
>いいえ

ご飯を与えますか?

>はい
 いいえ

で、残りのハンバーグを焼いて
焼いてる間に洗い物をして
本日の家事は終了

二人とも飯を食った後は布団に戻って
二人で読書

1時近くになり・・・
これ読み終わるころは2時過ぎかなぁー・・・

明日仕事・・・


ま、いっか

読書を続行


読みどおり
読み終わったのは2時で
その後はご就寝いたしましてござる(オカシナニホンゴ?ワタシ、ニホンゴワカリマセーン)

で、今に至るというわけですよ

んではまた
ノジ
形無き形あるもの
2007年06月06日 (水) 16:33 | 編集
ネタが無かったので創作
てきとーに書いてみるアル(何人



形無き形あるもの


それは形のあるもの
しかし、形の無いものとして分類されている

それは命を持っている
微々たる力を持っている

そして、常に狩られるものだ


突然、意識が目覚めた。
目覚めたときにはすでに体があった。
その体は半透明のピンク色をしていた。
目に見える世界は、広くそして高く広がっている。

じっとしていても仕方がないので動こうとした。
なぜか、先ほどまで自分の存在を認識できなかったのに
移動の方法を心得ているようだ・・・。

動くたびに世界は大きく揺れた。
それによって、自分が跳ねて移動しているのだと理解した。

しばらく移動していると、前方に何かが落ちていた。
白い石のようなもののようだ。

私はそれを見た瞬間、私の意志に反して
それに近寄っていった。

石の前まで来ると、私は口をあけ
それを食べた。

どうやら、こうして生を繋いでいる生き物のようだ。

私は、また別の餌を求め他の場所へと移動した。

そこには、私と同じ姿であろう生き物が数体存在していた。
中にはオレンジ色の者もいた。

私はその同族と思しき者たちに意思の疎通を図ろうとした。

しかし、近寄ってから気がついた。
喋る事が出来ない。
試してみると、跳ねるとき以外は音を出すことすら出来なかった。

そうこうしている間に同族たちは各々の方向へと散っていってしまった。
再び一人となった私は、意志の疎通を図る手段を考えつつ移動した。

すると、向こうから自分とは違う形をした大きな生き物が近づいてくる。
その生き物は、私の同族をつれて歩いていた。
そして、その同族は何かを喋っている。

私は、何故かそのときこの生き物に同族は飼われているのだと理解した。
この生き物に飼われる事によって言葉を発することが出来るのか・・・。
それは私にとってとても重要なことだった。
何故かは判らないが、私は意志の疎通をすることがとても重要だと思っている。

だから私は先ほどの生き物の姿を探して移動した。
そのうち、一体の生き物が遠くから近づいてきた。

私は心を躍らせた。
私も喋ることが出来るようになるのかと。

しかし、その生き物は私の前まで来ると
鈍く光るものを取り出し、私をそれで突き刺した。

私は自身を裂かれ、痛みとともに裏切られた気持ちになった。

私は、その生き物に対して体当たりをした。
怒りに身を任せた一撃は、当たり所が悪かったらしく
その生き物を昏倒させた。

私は、再び突き刺されることを恐れてその場から逃げた。


以来、私はあの生き物が自分達の命を刈り取る存在だと言うことを知った。
あるときは、同族がその生き物に近づいただけでばらばらにされた。
その生き物が、同族を大量に引き連れて虐殺していることもあった。

どうやら、あの生き物は無為に命を奪うことが好きな生き物らしい・・・。

私は、私の目的を諦めかけた。
喋るという意思の疎通を・・・。

数日がたった。
ついに私にも命の潰えるときが来たようだ・・・。

目の前には2体の生き物。
前に私を突き刺した者とは格好が違う。
おそらく、私は一撃の下に天へと召されるのだろう。

私は、目をつぶりその時を待った。

しかし、いっこうにそうなる気配がない。

目を開けると、目の前におかしなものが浮かんでた。
装飾された枠に明滅しているかのように絵が変わるおかしなものだ。

今まで見たことのない方法で弄ばれるのかと思った。

数分が過ぎ、先ほどのおかしな枠の内部がピンク色のマークで固定された瞬間、私の意識は途切れた。

これで、私の命も終わったのだと思った。


しかし、突然元居た場所と同じ風景が目の前に広がった。

「今日からあなたはタマ」
「これからよろしくねw」

先ほどの生き物にそう言われた。
私は何がなんだかわからなかったが、前に見たこの生き物のに連れられた同族のことを思い出し、理解した。

私は私の望む者になれたのだと。


月日は流れた。

「主よ、それはいささか無謀ではないか?」
私の放った言葉だ。
私はあれから、主に従い言葉を話すようになっていた。

「そんなこと無いよ」
主は、こともなげに言う。

「ってか、何であんたのポリンはそんなにセリフが渋いのよ・・・;」
主とともに行動している人間が私の言動を指摘しているようだ。

「いいじゃない、ポリンにだって個性はあるでしょ」
とても良い主だ。

私は、この主に出会えて幸せだろう。
願わくば、私の居た場所の同族にも幸あらんことを願う・・・。

Fin



と、ノリで書いてみました。
ポリンの人生ならぬポリン生です。
特殊ポリンです。
レア者です。
今のペットは没個性だけど、個性があってもいいじゃないかということで・・・。
ついでに、虐殺についてもちょろちょろっと・・・。
俺も、結構やってしまっているのでなんともいえませんが・・・・・。

あれさ、端的に言えば

「いのちだいじに」

用法は違うけどねー


こんな感じで、と言っても毎回語り口とか変えるが
気が向いたら書いていきますんでヨロシクw
土日の出来事
2007年06月04日 (月) 12:26 | 編集
土日、正確に言うと金曜の夜からなんだけど
影とランス(ロビン)がうちに遊びに来ました

金曜の夜に影が来て、嫁と三人でゲームしたり
トランプをしたりしてました。

トランプでマージャン風味(セブンブリッジじゃないです)なことをやるゲームを前に考案してて
3人でやってたら、はまって4時近くまでずっとやってました・・・

んで、そのあたりで寝て翌日10時ごろ
珍しく、みんなおきたので朝ごはんを食べてランスに連絡

どうせまた寝てるんだろうなー
とか話しながら、携帯にかけたら案の定出ず

家に電話しようと思ったら、携帯変えたせいで番号が消えていたので
影に連絡してもらったら、以外や以外!
なんと、起きてましたw

金曜に影が迷わずに家に着いたことといい・・・
こりゃ、雨降るんじゃないか!?
とかいってましたがw

まぁ、ランスはもうすぐ出るそうで
とりあえず、ランスが来るまでは何かしてるかー
ってことで、またトランプマージャンしてましたw

で、ランスが近くに来たあたりで
「どこいきゃいーの?」
と電話がかかってきたので方向音痴な影がアドバイス。

俺のアドバイスは無視されました・・・・;

何か納得できませんが!

まぁ、いいさ・・・
どうにかなるだろ

それで、迷わずについたので
まずランスがハラヘッタということでお茶漬けをあげて
4人でトランプマージャンを・・・

・・・


・・

って、もう14時過ぎてるじゃん!
外に遊びに行かなきゃ!

とお出かけ

予定としては、ビリヤード、卓球、ボーリング、カラオケ
だったんだけど・・・

昨日の夜更かしがたたって、ぐだぐだで・・・
ビリヤードと卓球のみやってきました。

ビリヤードはペアを組んで、エイトボールをやりました。
全員がペア一回りしたところでちょうど時間になったので卓球へ移行。

卓球は・・・・
某元卓球部員の嫁が・・・
そして、なぜか白熱するランス・・・
ほとんど、二人でカコンカコンしてましたな・・・

俺と、影はタバコをふかしつつ傍観

で、そのあとにボーリングかカラオケ・・・
の予定だったんだが、体力に限界が・・・

と言うことで、家に帰って酒盛りの準備をしました。

何を準備することが?
って思うかもしれないが、餃子を作っていたのだよ明智君w
で、途中で皮が足りなくなったので
影を拉致って買出しに25枚で足りるかなー?
それなら20枚2個かってきゃいんじゃね?
と計40枚を購入して家に戻り
残りをサクサク作って、

皮が余りました・・・・・orz
(タネは残ってもいいけど、皮は残ると困ると言われていたんだが・・・)

まぁ、そっから酒盛り開始ですよw
餃子を食い
酒を飲み
餃子を食い
酒を飲み・・ry

ぐでんぐで~ん
もうだめp・・・
ZZzzz・・・
・・
・・・
・・・・
・・・・
起きたら2時でしたw

で、まだ酒盛りしてたので焼酎を飲みつつ・・・
記憶がございません・・・・

で、翌日(っていうか当日)二人は昼ごろお帰りになりましたとさ
ノジ
矛盾暇
2007年06月01日 (金) 12:31 | 編集
暇だけど暇じゃない
矛盾してるけど・・・
ある意味正しい

なぜなら・・・
現実逃避だから!!

やることはある→やる気が出ない→暇だ・・・


という、社会人にあるまじきだめっぷり。
昨日までが忙しすぎたから・・・
今日はガス抜き

定時まで、適当に仕事しつつ遊んでやる!
ミクシィのほうには書いたけど、5月の残業時間が45h行きましたとさ。
(ちなみに5月の就業日数は17日でした)
メデタシメデタシ
ってめでたくねぇぇぇぇ


こう、嫁と一緒に暮らし始めたのに・・・
毎日22時まで仕事で
寂しいよ・・・
寂しいよ・・・

言われ続け・・・
俺も寂しいよ!
とは思うが・・・
仕事に行く。

と言うことがおとといまで発生してた。


でも、帰ってからいちゃついてるせいで慢性的に寝不足でした・・・


と、まぁ惚気てても読む人にはうざったがられるので
ここらで1つ




ひとつ・・・




思いうかばねぇ・・・orz

んじゃあ、困ったときのコンシューマレビュー

一発目だし有名どころいくか・・・
(今までのは割りとマイナーでコメントがぜんぜんつかなかった)

ロマンシング・サガ2

皆さんご存知のロマサガシリーズ第2弾!
1に比べて目的がはっきりしており、システムはロマサガから引き継いで
さらに新要素を加えたものです。

新要素とは?
まず、主人公が皇帝でプレイヤーの選んだキャラクターが代々皇帝を継ぎます。(最初と最後は固定だが)
いろんな皇帝を作ることが可能と言うわけです。
そして、主な目的は帝国の領土拡大と七英雄を倒すことです。

その他、新要素
武具開発
術合成
金庫
ダッシュ (視界に制限がかかるが早く移動できる)
Xボタンによる町の即時脱出
ひらめきシステム (使用している武器に対応した技をひらめきます)
技伝承 (技を覚えたPTが全滅以外で生涯を終えると、持っていた技が登録されいつでも覚えられるようになります)
陣形による特殊効果 (固有の陣形があり、その形によって様々な特殊効果があります)
全滅してもゲームオーバーにならない(最終皇帝はゲームオーバーになる)
ぐらいかな?

で、出た当時
ひらめきシステムにはまった!
継承システムにはまった!
七英雄の強さに泣いた・・・

とにかく、楽しかった思い出があります。
ただ、七英雄はやたらと強かったが・・・

あと、帝国の領土が広がるにつれて仲間に出来る職業が増えていくのも楽しかった。
職業によって得意な武器が決まっていていろんな仲間が増えることによって楽しみも増した。

あっ、そういえば
七英雄って何さ?
って人のために説明(遅い

七英雄とは
昔々、世界が危機に見舞われたとき
7人の英雄が世界を救った
7英雄はやがて眠りにつき
1000年?(間違ってるかも)の時を越え蘇った。

しかし、彼らは余りに強大すぎる力ゆえに力に飲まれ世界を支配する邪悪な存在になってしまった

と、こんなとこだっけ?

んで、その構成
クジンシー (虫ぽい特撮物の怪人風味)
ダンターグ (ケンタウロスみたいなの)
スービエ  (下半身は蛸の人、鯨と合体することも)
ノエル   (普通の剣士)
ロックブーケ(ノエルの姉ちゃん。誘惑攻撃怖すぎ)
ボクオーン (人形遣い。影薄い)
ワグナス  (鳥人間。倒しに行くのが面倒)

そういえば・・・
思い出したが、俺、確かロマサガ2クリアしてないような気がする・・・
最ボスが7身合体で・・・ry

まぁ、やってみる価値はあり
しかし、クリアできるかは知らんと言うゲームです。
(クリアした人は山ほど居るだろうが・・・)

いじょー
ノジ
はじまし
2007年06月01日 (金) 09:55 | 編集
初めましての方は、初めまして。
ミクシィ住人の方はようこそ。引き続きご愛読ください。

まぁ、とにかく来ていただいた方。
ようこそ混沌へw


このブログには、基本的に思いついたことと日記を書いていきます。
是非、この毒電波を受け取って帰ってください。


でまぁ、いきなり日記なりをアップするのはちょっと怖いので
まずはテストとしてこれをアップしてみます。

うまく出来てたら、まぁいつもどおりのことを書いていこうかと・・・
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。