切り取った日常(灰)
簡単な日常の出来事や、RO日記、メガテン日記、コンシューマ日記、ゲームレビュー、SSなどを主目的としたブログです。なお、ブログにて使用されるゲームの画像についてはROはGravity,GanghoにIMAGINEはATLAS,CAVEにその他ゲームは各々の製作会社の著作権となります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘は必要か否か
2009年06月30日 (火) 01:37 | 編集
ちょっと、昔のssを読み返してみた。
昔の方がいいもの書いてた気がするのはキノセイだろうか・・・

ちょっと試してみようか



じゃ、今日はこの辺で ノジ

追記:嫁から聞いたけど、キノの旅で似たような話があるそうで・・・
    二番煎じくさくなってしまったわー;
スポンサーサイト
ちょっとまじめな話
2007年09月07日 (金) 16:32 | 編集
今日も今日とてざっくばらんと仕事をしています。

今日、同僚との雑談で相手がRMTしてると言った。(なんのゲームかは知らん。話の流れは、金が無い云々の話からだった)

んでまぁ、RMTは嫌いです。といったら話題を変えられた。
RMTerを目の前に注意の一つも無いのかと思う人も居るだろう。

しかしだ、その人が稼いだ金を何に使おうとその人の自由だろう。
それに難癖つける権利は無いと思うんだ。
そのRMTされたゲーム通貨を稼いだのはBOTだろうし、その不正なゲーム通貨で私服を肥やしてる悪徳業者は許しがたい。
そして、買う側にしても罪の意識なんてもはや磨り減ってなくなっているんだろう・・・
まぁ、売る側には最初から罪の意識なんて無いだろうが。

人間、やっぱり楽なほうへと流されてしまうから一度楽(RMT)を覚えてしまうと次第に感覚が麻痺していくんだと思う。
(最初から合理的にRMTに手を出す人間も居るだろうが・・・)


ゲームにおける不正行為っていうのは、スポーツにたとえるなら審判に賄賂を渡して便宜を図ってもらうだとか、ドーピングをするだとかそういうことだろう。
つまり、本来のルールを捻じ曲げてプレイするってこと。

遊びにはルールがあるから楽しい。
制約の中で試行錯誤して、結果に一喜一憂するものだろう。
ルールの中にあるからこそ遊ぶことに熱中できる。
ルールなしの何でもありなら、相手を直接攻撃したり相手を無条件でいたぶることが出来てしまう。
ルールに縛られて時には嫌な思いをすることもある。
でも、ルールの無い世界よりはぜんぜんましだと思う。

人は囲いの中で人として生きている。
囲いが無くなったら、言葉をしゃべるだけの動物に成り下がる。


なんか、話がずれてきたんでちょっと修正。

でも、人は結局、理性でのみ生きることは出来ない。
だからルールを破った場合に罰が必要なんだ。
罰という恐怖、つまり本能に根ざしたものを作ることでルールが初めて生かされる。
今のインターネットにおいてルールも罰もリアルに比べれば弱すぎる。
だから、インターネットを経由した様々なことが起こる。
でも、悪いのはインターネットじゃなくて使う側の問題。

所詮、道具は道具でしかない。
俺も、たいしたことに使えていないがそれでも悪いことには使っていないと思う。(主観でしかないから断言は出来ない)

なんか、書いてるうちにいろんなところで見た内容が入り混じってるだけのような気がしてきた・・・
はたして、これは自分の言葉なのかわからないが・・・

一個だけはっきりしてることは

自分の信念に従って、その心を裏切らないこと

それだけだと思う。
自分の引いた線さえも自分で越えてしまっては自分を否定することでしかない。


なんか、長々と書いてしまった・・・
ような気がする。
伝えたいことがうまくまとまってなくてすいません;
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。